Notfound
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Writes it down
Solarisのネットワーク設定変更をするでござる の巻


基本的にはこちらのサイトを参考にさせて頂きました。
以下、実際に行った手順。ちなみにroot権限で行います。


1.ネットワークの確認

> ifconfig -a
na0: flags=100023 <UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4>
mtu 8232 index 1 inet 192.168.1.100 netmask ffff0000


2.ネットワークアドレスの変更

> vi /etc/hostname.na0
192.168.1.200 を記述(変更)する。


3.サブネットマスクの変更

> vi etc/netmasks
192.168.1.200 255.255.255.0 を記述(変更)する。


4.hostの設定

> vi etc/inet/hosts
IPアドレスと対応づけてホスト名を記述(変更)する。aliasの勢いで。


5.再起動

以上で設定が反映されるはずです。

が、何故か繋がりません。pingも通りません。
設定を間違えたのか・・・?と思って先輩に確認して貰ったら、

LANケーブルを、ハブのカスケードポートに接続していました。
リンクの説明の通り、ハブの最初と最後のポートは一般的にカスケードのだそうですが、
私は知りませんでした。
基礎知識が無いと、予想外の場所で詰ります ∩( ・ω・)∩



というわけで設定変更は無事終わりました。
尚、今回のは実績のあるネットワークの変更であることに注意。
初期設定するには情報が足りません。多分。


 
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。